How Master Sushi Chef Keiji Nakazawa Built the Ultimate Sushi Team — Omakase

How Master Sushi Chef Keiji Nakazawa Built the Ultimate Sushi Team — Omakase


バッハ うち は 郡 チーム チーム 力 まあ 一 つ の ライブ 舞台 で も ある その 中 で 私 は 意識 者 で も あり そこ で 演じる こと も ある いずれ 自分 が お 店 を 持っ た 時 に 文具 紙 記者 に なる とき に いろんな 楽器 が 支え て それ で それ を 分かっ て 式 を する て い ます ん me too ござい ませ ん me me なるべく 高 ハワイ の 物 を 使い だ から 貴方 は japanese に 楽しい わ ね ん 技法 へ の 前 野菜 と 魚 は 彼 は いっ これ は 花 や 洋平 さん 200 年 前 に お 寿司 握り寿司 を 最初 に 始め た 人 です ね 花 や 葉 苑 さん が ハワイ の 海 に 来 て 釣り を し て いる ところ です ね こちら が もう いい です ね 余裕 さん が ハワイ の 海 に し て モイ 乙 って どう 前 に する と これ は に 秩父 の ね 宮本 さん が 掘っ て くれ た 彫刻 です ね これ が もう 一 い 多い です ね ハワイ の 王族 食べ て 疲れ ハワイ 王族 が たべ さくら と いう こと で ぜひ 使っ て み たい と 思う まず 職人 と し て 何 が 幸せ か と いう の は 新しい の yeah それ を 日々 ドキドキ し ながら 考え が いい もう その 素晴らしい 旬 季節 が ある ん だ けれど も それ を 継続 する すでに やっ て いく こと も 食品 ただ 新しい こと が だんだん でき なく なっ て くる ん です ね そう いう 意味 で は そう いう もの が 何 なるべく ない ところ に そこ で 新しい 旬 を 作る 葉 は に は まで そう いう もの が 出来上がっ て い ない それ を 新しく 作っ てっ 春 は 夏 は 冬 は そう いう もの を 作っ て いく こと の 楽し さ 4 分 薄 手具 人 の 審議 空 と いう こと ござい ます が 維新 ハート です ね ギー 技 です ね クックー と いう の は 空気 空気 を つくる 力 で あり 空間 を つくる 力 つまり 今 技術 が あっ て も ハード が なけれ ば 心 が なけれ ば お 客 さん と の コミュニケーション を よく 行か ない だ から まず は 心 を 持つ これ が 我々 寿司 職人 修行 で あり その 後 に 技 を 持つ 手当て を する で 一番 最後 は 空気 を 作る まず うち で は 一番 最初 に 入っ て き た 1 年 生 最初 の コア 掃除 です まず 挨拶 と 荘子 これ が 基本 です 挨拶 掃除 が できれ ば そう です ね すっ 職人 の まず 半分 は 合格 です その 後 は 包丁 を 触る よう に なり ます ね まず は あの まかない です 料理 を 食べる こと 料理 を 作る こと これ が 好き で ない と 言い 植民 は 誰 お 店 で 使う 野菜 です ね あと は 魚 の 頭 を 落とす ブロック を 取る その 後 に さ 可能 を 下ろす と 最後 に なっ て い ます だろう 同時 進行 で あの 昼間 は 仕込み を やる まかない を つ くるっ て こと も やり ます が まあ 家 で は まず よる 夜 の 営業 で 思っ て サーバー ウェイター です ね 接客 を する って いう そこ が 老司 進行 で それ が きちんと できる こと その 後 に お 客 様 の 電話 予約 を 受ける 名前 覚える いつ も お 世話 に なっ て おり ます この 電話 が 受け られる よう に なら ない と まず 次 の 段階 の ステップ で き た ん 両方 が 同時 に 覚え て 心 の ある 職人 の 話 の 後 まず 家 の セカンド 佐藤 拓也 と 言う ん です けど その し た が 全 台 易し です ね s 氏 は あの モチーフ 歳 から ずっと やっ て まし て 今 32 歳 私 の 横 に サポート し て いる の が 松倉 そう へい と いっ て 彼 は もう キャリア 20 年 ぐらい あり ます が で その 人 に ら か い 気 良 まあ もう 松倉 に し て も 日 会見 し て も もちろん 全部 も 修行 し てる ん で 握り も でき ます あと は 一番 下 に 色 が で 外径 願い 型 と いう の は うち の 子 が い でー どう 値打ち な ん です よ これ ねー 妖精 ながら 寝 せ ら 坊 卵 が ちょうど 秒 後 は 入っ て ます 飛び出し た ね 小田 ちゃん ここ 良い ん ふっ かちゃん t 4 ハワイ の 魚 を 使う に あたり で は もう 大変 です って とこ に 来 た の は 7 年 前 1 まあ あの 子 が オープン する まで の 間 いろいろ な 島 を 回り まし て 釣り を し て いろんな もの を 試作 し て き まし た が びっくり し まし た 最初 は ハワイ さん が 入ら ない の で 台湾 の 思ひ出 い まし た ね a 今 は あの 思い を 釣っ てる 人 だけ 数 は 少ない ん です が 入り ます も い もう まず リー に つける よう に なっ た の は 最初 も 使用 し です ね し て 小和田 の よう に 使える の か な と 思っ た ん です よ どう し て も ね うまく いか ない それ で どう し たら いい の か と いう の は もう いろんな こと を やっ て み まし た 最後 に 辿り着い た の が まあ 本当 に 原点 回帰 昔 の 一種 ところ に い たり うち の 赤酢 の シャリ を 使っ て でき ない か な と いう こと で 赤 シャリ 工事 と いう もの を まず 作っ て そこ に つける と これ も あの ほんと もう どう なるかっ て いう 試行 錯誤 の 中 で まだまだ 完成 で は あり ませ ん ただ これ から ね あの もっと もっと いろいろ 考え て 美味しい モイズ 氏 を つくっ て いこう と やっぱり こう 昔 の 人 が やっ た 仕事 って が すごく 理 に かなっ て いる の で 原点 を 見つめ 手間 の かかる こと で 美味しい もの が 作れれ ば いい な と 卵焼き は ムース 寿司 屋 で は ね すごく 大事 な ポジション に なり ます ね 農園 と 輝き 院長 データ 子 自然薯 を 入れ て 芝 指 を 入れ てっ て 言う もの が あり ます が ここ は 浜井 な の で ハワイ の 地 の もの を 生かす と まぁ そ し たら もう ハワイ と いえ ば タロ イモ 樽井 萌え れる の と あと は モロカイ 島 および これ が 凄く 一生 が ヘヴィ な の で それ を 入れ て 誰 も が やっ て つくれ ない か と 作り 方 と か レシピ は もう 全く 日本 の 江戸 前 の まんま です ん ん ん 直感 です か ね オファー を 使っ て み たい と 思う 一番 いい 色 の 魚 を 見 た 中 で 一番 使っ て み たい と 思っ た の が オーバー でし た ね ポパー と いう 大きな アカ マンボウ です ね 日本 で 言う オーパー と いう 魚 が あり ます けれど も 最初 私 が 浜 に し た 時 に opa を 見 て これ 何 か 使え ない か な と いう 中 で まず は 解体 し て いろんな 部位 を 試し て み まし た これ 実 は 取っ ちゃっ てる ん で ほっぺ の ところ だけ 今 て おり ます の で 方法 の ゼラチン を 何か に 作ら ない から 頭 だけ で もう 1/3 あり ます から 大きい 頭 です ほとんど 捨て ちゃう この ゼラ ツイート 何か に 使え ない か な と 思っ て あと は 晴らす の 油 の ある ところ は ベカス と お 店 を 見つけ て 焼き も よし て なら で は の フィンガー ライン 大 論争 やっ てっ から マーシー 5 章 作っ それ で お 出し し ます Love ラウ と いう の は 元々 の 幅 に 郷土 料理 で もともと タロ イモ の 葉っぱ で 2 と か 鳥 を 巻い て 薄 保存 食 です ね それ を こっち と 食べ た 時 に どう に か の 松風 アレンジ でき ない か な と 思う の うち ら うら う にっ ラウラウ と いう の は タロ イモ の 葉っぱ で 巻く ん で ちょっと サーモン が 硬く なっ て しまう の で ほっぺ を 一緒 に いれる こと で 長 時間 を し て も 柔らかく ん さらす と いう の また 高 お 互い に さらす と いう こと です ね 板前 も 全部 自分 を 晒す お 客 様 を 晒す と いう 中 で 我々 は お 客 さん を 食べ て いる ところ を 見 て 食べ て いる 所作 を 見 ながら お 客 様 も 我々 の ソサ を 見 ながら 食べる 常 に 相対 する 非常 に 高 飲食 の 中 で は 特集 です ね その 中 で 我々 も お 客 さん を 判断 する し お 客 さん も い た まえ を 判断 する し そう いう キャッチ ボール コミュニケーション そう いう 場所 が 寿司 です ね 感じ に スクラム サンフランシスコ の 鍵 です ちょっと その 頃 は い たい の です ね ラウラウ これ タロ イモ の 葉っぱ で サーモン と を パ の ほっぺた を 巻い て 蒸し まし た 上 が と シャツ の 時 10 し た が アスパラ の ソース です オーバー の 張ら ず ボストン は アン 規模 です チェリー ストーン クラム ロス の 買い です ね さとみ 日 たち に し て あり ます ボイ 思い を 言い 2 月 3 週間 発酵 さ せ まし た なれずし is c で ござい ます ハワイ 1 の 端 分 魚 を 突く より も 難しい の 人 を 作っ 従業 員 と か そう いう 給料 と か と いう 関係 で は ない ん です ね お 薬 その 中 で あの 子 に 対し て どう 思い 育てる か と いう の が これ は ねー 8 分 ぷ うち は の スタッフ が 全員 で 15 に 言い ます 今 いう 子 たち が きちんと 教え て ローカル の 子 たち を 育て て ゆくゆく は 正 彼 ら が みんな 独立 し

100 thoughts on “How Master Sushi Chef Keiji Nakazawa Built the Ultimate Sushi Team — Omakase

  1. This was quite possibly the best meal of my life. The only thing it rivaled was The French Laundry and even then this may take the cake.

  2. He’s been working with me since 15 I lured him in and 17 years later he’s still a number 3 chef? I think you should leave buddy 😂😂 sounds pathetic

  3. I have to say, I would not want to be the man attempting to integrate Japanese culture into Hawaii after Pearl Harbor. I can't imagine it's a culture that they seek out.

  4. Let’s be realistic , fame comes after money . No matter how good u re , if you don’t make tons of money or don’t have it , no one gives a rat ass about your skill. That’s why you only hear about people who is already rich.

  5. I've noticed all of Chefs in Japan shaves their head. it's because they don't want any hair on their costumers plate.

  6. This make it impossible for me to dine at all the Chinese run sushi restaurants in SF. The ppl making sushi behind the counter never cut their hair or wear hair nets. The atmosphere feels like a dirty Chinese restaurants. Attention to details is not their primary concerns. That's how u know they are Chinese run.

  7. Always amazing to see the work behind the scenes of a dish.

    Ps: what is the name of the intro song (the one running until 0.53)?

  8. ハワイの魚の方が粗利率は高くなりそうなイメージ

    こんな人が握るお寿司たべてみたい

  9. I am always captivated and immersed by these kind of documentaries. Maybe its because how skilled, professional, and passionate Japanese chefs work to make their dishes. I've always dreamt of visiting Japan and experience eating in their sushi restaurants. What's a little extra money spent just to get a once-in-a-lifetime experience?

  10. I miss sushi in japan or sushi by Japanese chef. I Live in USA for two years. I’ve eat sushi by Korean, Chinese, Mexican or whatever chef here. They just kill rice and fish. They don’t know sushi at all. It’s sad people think it’s sushi. And think yummy. 100 dollar sushi here taste like 30 cent instant ramen for me

  11. 海外は結構、道楽として食にお金を出してくれる。だからこそ店も高い食材、より細かな手間ひま(=人件費)をかけて、限界まで力を発揮することができる。
    海外で仕事をしようと思ったことはないしする気もないけれど、海外で和食というのは昔の「適当にやって金儲けの場所」から、「自分の限界を試す場所」に変わりつつあるのかなって最近思う。
    今はまだ物珍しさがあるってことも要因だとは思うけどね。でもちょっとうらやましい、かな。

  12. Master chef of sushi…he is a creator sm kind of new technique like Taro and sm other kind of seafood 👍👍

  13. Going to Japan in September for 2 months!! Cant wait for all the amazing food Japan has to offer ❤❤❤

  14. Why over complicate things
    I understand the hard work but it’s just not right working over decades as a helper

    And the food to make it expensive you find a way to make it complicated.
    Please make life easy, not over complicate for you and for Customers.

  15. Simplemente maravilloso, buscar la perfección, la armonía, y el tiempo en cada preparación para que esta sea la mas placentera posible para quienes disfruten tan maravillosas preparaciones <3la verdadera esencia de un chef de Sushi es buscar el equilibrio y la perfección por años, mis mas sinceros respetos para ustedes todos.

  16. Chef Nakazawa: "There was an idea. To bring together a group of extraordinary ple, so that when the time comes for dinner, they would make tasting menu dishes that the customers never could." (Avengers theme music) 😎

  17. PLEASE DON'T EAT SUSHI OR NATURAL SEAFOOD ANYMORE.
    SUSHI IS DANGEROUS AND POISONOUS FOR NON-JAPANESE PEOPLE.
    DECENT SUSHI IS FOR JAPANESE.
    YOU CAN EAT ONLY EGG ROLL SUSHI OR SOMETHING VEGETABLE.

  18. Interesting techniques: shaving wasabi root with a knife, using red yeast rice as a fish preservative, etc. This chef definitely isn't beholden to tradition, even if he often goes back to it for inspiration.

  19. He has beautiful, thoughtful presentation of fish. The only thing I would add to these videos is I wish there was a link to each chef’s restaurant.

  20. 3:21 "The first thing a chef learns is cleaning", proceeds 8:07 to show the dirtiest oven hob I've ever seen

  21. what the.. i just met matsu in hong kong. he's working at sushi shikon now. he told me he worked in hawaii, but i didn't know it was with nakazawa

  22. Most sushi videos/chef's are the same or have a very small differences in fish used, techniques and preparations. This is very unique in that most all products are local to them and most I've not heard of; But they are beautifully crafted and molded to bring new experiences to the customers. Awesome Video.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *